コラム|伊万里市東山代町の歯科・歯医者【小野デンタルオフィス】

  水※ 日祝
8:30~12:30
13:30~18:30

★:13:30~17:00
休診日:水曜・日曜・祝日
※水曜は通常休診ですが、祝日のある週は診療いたします

0955-25-9758

〒849-4271
佐賀県伊万里市東山代町長浜2129-1

伊万里市東山代町・小野デンタルオフィス・WEB予約はこちら
  • 予約制
  • 各種保険取扱
  • 地図
  • メニュー

インプラント治療でCTを使うメリット

歯科治療で行う画像診断といえば、レントゲンですよね。

 

おそらく皆さまも一度は、パノラマデンタルと呼ばれるレントゲン撮影を受けたことがあるかと思います。

 

一般的な虫歯治療や歯周病治療であれば、そんなレントゲン撮影でも十分なのですが、インプラント治療となると話は変わります。

 

実際、当院でも歯科用CTを導入し、事前の精密診断に活用しております。

 

今回はそんなCTによる画像診断を行うメリットについて詳しく解説します。

 

レントゲンは2次元、CTは3次元

 

レントゲンと歯科用CTでは、得られる画像そのものに大きな違いがあります。

 

それは平面か立体であるかの違いです。

 

皆さまもご存知の通り、レントゲン撮影では2次元の画像しか得られず、歯や顎骨の奥行や幅などを正確に把握するのは不可能です。

 

一方、CTでは3次元的な画像が得られるため、患者さまのお口全体の状態を正確に把握することが可能なのです。

 

大切な神経や血管を守るために

 

例えば、下の顎にインプラントを埋め込む治療では、下歯槽神経や下歯槽動静脈といった組織が分布しているため、オペの際には細心の注意を払う必要があります。

 

これらの組織を傷つけると、術後に唇の麻痺が残ったり、術中にたくさんの出血が行ったりする可能性があるからです。

 

歯科用CTを活用すれば、そういった偶発症を未然に防ぐことも可能となります。

 

精密なシミュレーションを行える

 

歯科用CTで得られたデータを活用することで、事前に精密なシミュレーションを行うことが可能です。

 

どこにどのくらいの深さでインプラント体を埋め込むのか、手術前にしっかりとシミュレーションして、オペ当日に臨みます。

 

その結果、オペの安全性も極めて高くなるのです。

 

まとめ

 

このように、インプラント治療では歯科用CTによる診査が必須といっても過言ではありません。

 

もちろん、レントゲン撮影だけでインプラント治療を進めていくことはできますが、それは経験や勘に頼る手術となるため、あまりおすすめできません。

 

当院では、歯科用CTを用いたインプラント治療を数多く行っておりますので、安心安全にインプラントを埋入したいという方は、ぜひ当院までご相談ください。