コラム|伊万里市東山代町の歯科・歯医者【小野デンタルオフィス】

  水※ 日祝
8:30~12:30
13:30~18:30

★:13:30~17:00
休診日:水曜・日曜・祝日
※水曜は通常休診ですが、祝日のある週は診療いたします

0955-25-9758

〒849-4271
佐賀県伊万里市東山代町長浜2129-1

伊万里市東山代町・小野デンタルオフィス・WEB予約はこちら
  • 予約制
  • 各種保険取扱
  • 地図
  • メニュー

乳歯がむし歯になると永久歯の歯並びが悪くなる?

子どもの歯である乳歯も、永久歯と同様、むし歯になることがあります。

 

乳歯は永久歯よりもエナメル質や象牙質の厚みが薄かったり酸に対して弱い性質を持っていたりするなど、永久歯以上にむし歯になりやすいといえます。

 

そんな乳歯のむし歯は、治療を受けずに放置すると、永久歯の歯並びを悪くさせることがあるのをご存知でしょうか。

 

乳歯が早く抜けるとスペースが不足する?

 

乳歯は生後6ヶ月くらいから生えてきますが、その順番や時期、抜け落ちるタイミングなどもおおよそ決まっています。

 

そうした乳歯の生えたり抜けたりするスケジュールに乱れが生じると、永久歯が生えてくるためのスペース不足に陥ることがあるのです。

 

例えば、最初の永久歯は6歳くらいに生えてきますが、むし歯によって3歳とか4歳に乳歯の奥歯が抜け落ちてしまうと、周りの乳歯が倒れ込んでするなどして、永久歯が生えてくるためのスペースが失われてしまうのです。

 

乳歯が抜けないのも良くない

 

逆に、乳歯が本来抜けるべき時期に抜け落ちないことでも、永久歯の歯並びが悪くなることがあります。

 

なぜなら、永久歯というのは、その上に存在している乳歯が抜け落ちてくれないと、歯茎から頭を出すことができないからです。

 

その結果、永久歯の生えてくる順番がずれてしまい、歯並びの悪化へとつながるのです。

 

乳歯がなかなか抜け落ちない「晩期残存(ばんきざんぞん)」という現象は、むし歯と直接的に関連しているわけではありませんが、間接的に影響することもありますのでご注意ください。

 

まとめ

 

このように、「乳歯はいずれ永久歯に生えかわるから」と、乳歯のむし歯を軽視していると、永久歯の歯列不正につながることがあります。

 

場合によっては、永久歯の発育にも悪影響が及びますので、お子さまのむし歯が見つかったら、すぐに当院の小児歯科までお越しください。

 

適切なむし歯治療を実施することはもちろんのこと、今後むし歯にならないためのアドバイスもさせていただきます。